「建築条件無し」の土地も利用しよう

土地を購入する際に「建築条件付き土地」かどうかを確認するのは大切なポイントです。

もし、自由に家を建てたいので土地だけ買いたいといった人におすすめの購入方法は「建築条件無し」の土地を選ぶことです。

★建築条件無しの土地とは

建築条件付き土地が住宅の建設の契約とセットになった土地であるのに反して、建築条件無しの土地はそういった制約がない土地のことを指します。

つまり、施工会社や設計者などを自由にプランニングでき、いつ家を建ててもいいので土地の取得だけ先に行いたいという人にはもってこいです。

「土地自体に建築条件が付随していない」という意味なので、例えばその土地が「第一種低層住居専用地域」の用途地域内にあった場合、建物の高さなどは当然制限されます。

★それぞれのメリット・デメリット

では、建築条件の有無にはそれぞれどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

建築条件付き土地のいちばんのメリットといえばその「割安さ」にあります。

また、建築条件が決められているとはいえ間取りや内装はある程度自由ですのでこだわりが少ない人にはおすすめです。

デメリットとしては、やはり一から自由に家を建てたいという人には向いていない点です。

また、期限が定められているため多忙な人には打ち合わせや交渉の時間が取れず難しい制度であるといえます。

建築条件無し土地のメリットは、土地さえ買ってしまえば建てられる家は自由ということです。

デメリットとしては土地代の割高さと、自由度が高い分施工業者など自分で決めなければならないことが多い点でしょう。

■家を建てる際の費用について:家を建てる前に知りたい「いつ、だれに、いくら払うか」お金のリアル(丹羽 修) | マネー現代 | 講談社(1/3)

このエントリーをはてなブックマークに追加